\転職支援/

アクシスコンサルティング

3000人のコンサルタントがあなたを支援


仕事を辞めたい人の3割以上は評価に不満

報われないことは、働く者にとってとても辛いことです。
納得がいく理由があればまだしも、多くは根拠が曖昧です。

 

それで不満や悩みが絶えない。

 

  • 自己評価よりも低く評価されるし、、その理由がわからない
  • 自分は職場に求められていない気がする
  • 自分が担当するのは地味な仕事だけに会社から正当に評価されていない
  • 評価項目を示さない人事評価に不満
  • 10年以上真面目に働いているのに、給料があがらない

 

こうしたことはストレスになって蓄積するので、体にも心にも良くない。

 

主張してみても、ほとんどの場合評価は覆らない。
そればかりか、不満分子とさえみなされかねない。

 

あなたは今どうですか?

 

向上策はいろいろあるものの幅が広いのでやっかい

 

この記事の書くにあたっては、日経コア30企業で管理者の地位にあった方にヒアリングをしています。

 

自分のつたない会社経験や転職経験だけではなく、キャリアを積み上げた人に確認することも有用だと考えたからです。

 

少しだけお話ししてみます。

 

評価については、まず、年代が若い20代〜30代の正社員なら、

  1. 会社方針の理解とそのための行動
  2. 確実に実効できるレベルの仕事の100%遂行
  3. 少し学んで工夫しないと完遂できないレベルの仕事へのチャレンジ度と遂行度
  4. 大きな苦労と向上を伴う課題へのチャレンジと遂行度
  5. 他の部門間を巻き込んで新しい課題を発見したなど、付加価値を創出したかどうか

こうした多面的な判断がなされるようです。

 

総合職でも専門職でも、同じような評価軸。
本人のスキルや頑張り努力度、創意工夫度などが測られている。

 

結果、

  • 業績はあったが、内容が社の方向に沿っていない
  • 決められたことをきちんとこなしただけに終わった
  • より高いレベルの仕事への取り組みが足りない
  • 自己研鑽と会社の大きな利益に資するようなチャレンジが足りない
  • 周囲を啓発して、会社や人材の能力を発揮させるような働きが足りない

 

このように判断されると評価は上がらない。
数字だけは上げていても、難しいのはここにあるようです。

 

会社は、短期利益、中期利益、長期利益のいずれをも考慮して活動している。
そこにマッチングした業績があがっているかどうかが大事というわけです。

 

こうした綿密な仕事の設計図は、上司とのすり合わせと合意が要ります。
面談などでそこがしっかりと詰められているかどうかも大事です。

 

面談や評価目標を曖昧にしていれば、高評価は到底望めません。

 

上司と仲良くする、気に入られるとは?

 

仕事を任されているからといって、ホウレンソウ(報告、連絡、相談)なしに進んで行くことも評価を下げることになります。

 

仕事の責任は、内規で明確に決められて分担されています。
役員とて同じで、常務、専務という負愛に仕事の内容と分担が決まっています。

 

そして、その分担で「責任」を負っています。

 

役員なら株主から提訴されることもあります。
管理職なら、降職ということもあります。
一般社員なら異動ということもあります。

 

組織はこうした仕事の分担と責任の分担で動いている。
それなのに、ホウレンソウが一切ないとなると、それぞれの職位や立場でリスク判断ができないことになります。

 

これが、上司から嫌われる一番の要因になります。

 

会社は責任論で階段構造が作られているからです。
課長の責任うを社員が取ることはできないのです。

 

業績を上げていても、見方によっては高リスクと判断される仕事もあるかも知れません。
そうした場合、最終的には、利益とリスクの比較をしたうえで、権限のある人が決断を下す。

 

これが組織の在り方であり、そのための役職です。
この仕組みがうまく回るためには、やはりホウレンソウは不可欠ということです。

 

上司に好かれる社員は、能力もさることながら、こうした組織のセオリーをしっかり守って仕事を遂行しているという特徴があります。

 

そのために、時には時間外に一緒に飲みに出て意見を交わしたりもする。
飲み会自体が旧式旧態依然という面もあるにせよ、伝える、理解を求める努力を惜しんでいないともいえます。

 

この評価軸は、役職が上がるに連れて内容が高度化するだけで、ほとんど変わらないようです。

 

悩んでいるなら、こうした評価の側面と自分の行動に目を向けてみることも大事なことかもしれません。

 

そうは言ってもうちの上司はそんな部下に真剣になってくれない、
相談しても曖昧なことばかり
自分の立場しか考えていないようで、いつも責任をなすりつける

いろいろ不満もあるのが実際のところです。

 

でも、そこをどう克服、アプローチするかも第三者から見られているというのも評価の仕組みです。

 

なにせ、誰を一番にするかは競争
最終的には各部、事業本部などの組織の戦いになるわけですし。

 

他者視点で失点を取らない立ち回りの賢さも求められるところです。

 

会社で働いていくとは、そういうことだと捉えてみると分かり易いかも知れません。

 

不満が失望になりやがてアキラメになり、行きつく先はリストラ要員?

そうはいっても、今現実に評価が低くてとてもやりきれない気持ちでいっぱい。
課長など上司が評価に関してとても無知で課題形成や相談ごとにもあまり役立たない。

 

こうした状況が続いていて、仕事を辞めたいほど評価が低いとなると先行きが不安です。

 

  • 張り合いのないむなしい人生を送ることに
  • 疑問を感じながら生きる人生、働く毎日になる
  • 転職活動するほどの余裕や気力もなく、ずるずると現状維持をしている
  • 不満を抱えたままの仕事が続くのでうつ病になり、社会復帰が難しくなる
  • 嫉妬するばかりでスキルアップできず、悪循環になる

 

こうして情熱を失っていくうちに、将来の無い仕事へ異動させられたり。
当然ですが、リストラともなれば真っ先に名簿に載ることに。

 

優秀な社員が、気持ちが腐ってしまうことで、能力を発揮できずに終わっていく。

 

仕事で辞めたいと思うほど評価されていないときは、将来を良く考えてみるべきときに来ているかも知れません。

 

  • 上司が変わることで改善されるのを待つなんてできそうにない
  • 異動を願い出て、自己の能力が発揮できそうな別の職種にチャレンジする
  • 密かに転職活動を開始する

 

泣かぬホトトギスを相手にどうするかは自分次第です。

 

いきなり辞めるリスクは大きすぎる!賢く立ち回って有利な立場で辞める唯一の方法

nayamu

 

仕事の評価が低くてヤル気もなくて会社自体にも魅力がなくなってしまった。

 

人の気持ちは分岐点があります。

 

「辞めよう」と思うなら、

  • 既に今の仕事とや会社にはもう気持ちがなくなっている
  • 踏ん切りがつきかけている

 

それなら、迷わずに転職サイト、転職エージェントのドアを叩く、覗いてみるべきです。

 

有効求人倍率も下がりっぱなし。
ハローワークなんて4K仕事だらけ。

 

少しでも、キャリアを活かす、未来を形作る転職にするためには、プロからのアドバイスも受けられるところが適しています。

 

一方で、

「辞めたい」と思うなら、

  • まだなんとかならないものかと思っている
  • 他に手立てもなく八方ふさがりの状態

 

でも、この場合も転職サイト、転職エージェントのドアを叩く、覗いてみることをおすすめします。

 

転職サイトやエージェントに登録すると大きなリターンが得られます。

 

  • 自分を求めている企業が現れるかどうか
  • オファーがきたなら、どんな業界でどんな職種か
  • 来なかったなら、何をどうすればいいのか

 

オファーの内容が、会社と仕事と比べて自分に向いているかどうか。
転職でどんなメリットを得られるのか。
デメリットはどんなものがあるか。

 

自分の現在位置が明確になります。

 

自分の価値がわかれば、価値を上げるための転職活動に向かうことができます。

 

また、価値がまだ低いとなれば、転職までに何をどうすべきかもわかります。
今会社を辞めることが適切かどうかも正しく判断できます。

 

どの場合も、まずは「セーフガードである転職サイトやエージェントを使いこなして」正しく判断することが安全策です。

 

今の気持ちがどうであれ、未来は自分の行動からしか生まれない

もう一度確認です。
気持ちは辞めようですか?

 

もしそうなら、辞める前に「転職サイト、転職エージェント」を覗いて見ることをおすすめします。

 

  • 無料登録するだけで、数万件もの求人を得ることができる
  • あなたにオファーが届いてより良い仕事が見つかるチャンスができる
  • プロに相談して、あなたの理想の職場を探し始めるきっかけになる

 

しかも、

  • 誰にも知られずにできる
  • 自分のペースでできる
  • 自分の条件で探せる

 

こうして、新たな仕事をさぐることで、自分の気持ちを確認してみることがおすすめです。

 

もし、より良い行き先が見つかったなら、その時点で辞めることが一番賢い方法。

 

その時は、退職願(役職者なら辞表)を バン! と叩きつけてもいいわけです。

 

「今日という日を悩みで腐らせてしまうのはもったいない、二度と戻らないのだから」
(D・カーネギー)

 

終身雇用の日本型雇用モデルが崩れてしまった現代。
リストラが激しくなっているご時世。

 

優秀なプレーヤーを横目にブラ下がり社員でいられる時代は終わってしまいました。
ならばどうするか。

 

多くが選ぶようになったのが転職です。

 

転職サイトや転職エージェントを通じて新しい仕事を見つけた人からは、

  • 自分の今の本当の市場価値がわかる
  • プロに相談すれば自分では気づかなかった適正に出会える可能性がある
  • 毎年きちんと昇給して家族を持てるだけの給料がもらえるようになった
  • 転職先でやりがいを見つけ、充足感に満たされ毎日幸福感を味わうので体調も良くなる。
  • 自分の得意なことをいかすので少ない労力でも周りから感謝される。そんな環境だからこそ、さらにいままでやったことのないことでも率先してチャレンジできるようになる

 

こうした感想が。
ちょっと覗いてみれば溢れています。

 

つまり、

  • 乗っている馬が悪いから評価されない
  • 会社の価値観がマッチしていない
  • もっとできることがある

そういうことかも知れません。

 

行動してみる価値はあると思います。
もう、行動している人が大勢いるのですから。

 

「たいていのものは、人が時間を浪費しているときに進む」
(H・フォード)

 

 

 

\転職支援/

3000人のコンサルタントがあなたを支援

 

不安とリスクを事前知識で解消しよう

転職に二の足を踏むのはリスクが大きいという先入観があるからです。
人間の持っている現状維持本能が邪魔したりもします。

 

不安な感情を冷静に戻すには、書き出して確認して予備知識を得ることが有効です。

 

  • 年齢的に遅いのでは
  • 年収が下がるかもしれない
  • サイトに掲載している企業情報が実際に正しいかわからない
  • 新しい職場に慣れるのが大変そう
  • 転職すると退職金に大差がつくとか

 

不安はたいてい漠然としたものです。
全く根拠がないものも多い。

 

  • 年齢は一要素に過ぎず、市場に出て初めて自分の価値がわかる
  • 転職後に昇給や昇進する可能性がある
  • これまでの斡旋者から得た情報も持っているので確認が可能
  • 期待され求められていくので溶け込みやすい
  • 終身雇用が崩れたため退職金も当てにならない、収入を上げて個人で対策する方が賢明

 

転職サイトを覗けば、経験談や感想を確認できます。
成功事例を読んで励みにするのも良い方法です。

 

「成功者は、失敗から学んで新たに工夫した方法で再び問題に取り組む」
(D・カーネギー)

 

目指せ1000万プレイヤー!30代を次のステージへ

350万人!
転職を選ぶ人の数です。

 

乗り遅れまいとして殺到。
理由は簡単、「今は評価が低いけどいつかは会社も評価してくれる」が嘘だとわかったから。

 

転職はリセットではなくチューニングです。
あなたの人生を再チューニングすれば、鮮明な音声で良い音楽が響きます。

 

特に、30代以上の年代なら、「前職でのキャリア、スキル」があるので市場で人気がある。
求められるのはほとんどが「即戦力」だからです。

 

  • 10年働いて給料が1円も上がらなかった私が 3分の行動で1ヶ月後に待遇が改善され イキイキと仕事を楽しめるようになった
  • たった1回の転職で給料が17万円もアップ、しかも残業が月45時間も減った
  • 上司に嫌われて3年昇格が見送られた僕が35歳で転職を決意!優秀なヘッドハンターのおかげで年収910万円の会社に転職できた
  • 社内査定に振り回され自分はダメなやつだと自信を失いかけていたが正当な評価がもらえる会社に転職した結果仕事も私生活も順調に

 

もし、あなたが仕事を辞めたいくらいに評価されていないなら、今すぐに「転職サイト、転職エージェント」を覗いて見ることをおすすめします。

 

登録して、求人に応募するだけなら 無料 です。
デメリットはほとんどありません。
会社に知られることもない。

 

こっそりと自分の計画を進めることがきでるのが転職サイト、転職エージェントのメリットです。

 

  • 検索機能で特定の条件も複数の企業で比較できる
  • 仕事しながらでも好きなペースで転職活動できる
  • 思ってもない業界からオファーが来て視野が広がる

 

「人生は将棋のようなものだ。自分の手中にあるものはチャンスではなく、駒の進め方だ」
(テレンティウス)

 

自分という駒をどう進めるか、今の会社で腐るも良し、前に出てみるも良しということです。

 

 

 

\転職支援/

3000人のコンサルタントがあなたを支援