\転職支援/

アクシスコンサルティング

3000人のコンサルタントがあなたを支援


頑張っても報われ感がぜんぜん無い

gakkari

 

会社で働いていく中で、仕事に対する評価は一番大切なものです。

  1. 給与や賞与が決まる
  2. 昇進が決まる

 

全ては評価の積み上げ。

 

反面、評価に不満を持つ社員は大勢います。
ひょっとして、あなたも、自分への評価に対して不満足感を抱いていますか?

 

  • ジョブスキルも低くて実績も低いのになぜ自分よりも評価される?
  • 高難易度の専門資格も取ったのに会社から評価が上がらずに給料が低いまま
  • 評価って、結局は「上司に気に入られるかどうか」じゃないのかな?
  • 人付き合いの上手さで、仕事の評価が変わる気がして納得がいかない
  • 年功序列の習慣が根強く、いくら成果を出しても上に行けない

 

働いていても楽しくない。
このままで良いのか?あと何年続けるのか?って思っていますか?

 

実は、僕もそうした中の一人でした。

me

僕は、凡太といいます。
会社では「何事も凡人の太郎」ということでそう呼ばれていました。
いわゆる大手と呼ばれる企業で働いていました。
しかも、人事ラインと呼ばれる結構いいところを軸足にしていました。
(といっても、仕方なく入学したっていうレベルの平凡大学卒です)

 

僕も、あるときからまったく評価が上がらなくなったのです。
特に、同期が主任や係長に昇進し始める頃から、目に見えて評価が下がり始めた。

 

☆評価のシステムを改善して「見える化」をグンと向上させた☆
それで表彰も取ることができた。
凡太にしては上出来の成果!

 

でも、評価は「C普通」。

 

僕が知っている限りでは、表彰を受けた年の賞与は必ずB以上のはず。
しかも、年間の評価もCの下の方という判定。

 

それを上司に聞いても、「評価は総合的なもの」という曖昧な返事だけ。
しかも、顔も合わせようとはしない。

 

不満というよりも、不正という気持ちが強くなっていた。

 

こうした「原因がはっきりせず、対策もわからないような説明」は、どうにも納得できないため、やる気を削ぎ、会社不信の原因になりますよね。

 

ほとんどの人は不満があっても行動しないまま、、、そして望まない会社生活に陥っていく

こうした不満をそのままにして夜の街で飲んで憂さ晴らし、、、。
それもいいのですが、将来について、ちょっと真面目に考えてみた方が良いかもしれません。

 

なぜなら、

人間の持つ性情のうちで最も強いものは、他人に認められることを渇望する気持ちである。
(W・ジェームズ)

低評価が続くことになると、会社人生も大きく変わり始めます。

 

  • 仕事は大変なのに特に評価もされないと、苦しくて辛いだけで心を病んでしまう
  • 上司や同僚に評価されなければ、やりがいもなく辛い日々が続くだけ
  • 年齢が上がるほど、次の会社での経験を積む時間が減ることに気づくことになる
  • せっかく持っている能力を使うことができず、ただの平社員として終わってしまう
  • 妻に「同期の◯◯さんは課長だってね」と嫌味を言われる

 

ここで奮起できれば良いのですが、ほとんどの人が萎んでいくのです!
原因もハッキリしないなら、対策の打ちようもないから。

 

そして、それが続くとさらに悪い方向に振れていく原因になってしまう。

  • 突然の出向辞令で出身地でもない遠方の支店勤務になる
  • 小さな子会社の、それも支店の事務方という冴えない仕事に回される
  • 今までのキャリアと全く異なる部門に配置替になる
  • 企画や法人営業などの花形部署から、経理事務などの裏方に回る

 

こうした左遷人事が待っていることが多いのも事実です。

 

me

僕がヤバイな!と思ったのは、課長からそうした臭いのする話があったからです。
それでしばしば飲み歩くようになって、自暴自棄になるときも、、、。
「できる奴には、旅させる苦労させるもんだ」っていうセリフはほぼ100%嘘だと知っているから。

 

評価への不満は、真に解決しなければならない大問題なのです。

 

あれよあれよと成功のステップを駆け上がる人のやっていることとは?

埋もれている自分の能力をどうするか?
そのまま誰かに、幸運に任せっぱなしでくすぶり続けるか、、、

 

世の中には、自分自身でもビックリするほどの急激な成功の階段を上る人がいます!
そうした人が取っている行動はただ一つ、「転職」で自分の価値を増し加えているのです。

 

具体的には、

  • 転職サイトを利用すれば、非公開求という超優良求人にも乗れる
  • 価値やスキル判定をしてもらうことで、低評価の原因を推察して改善できる
  • 履歴書や職務経歴書を推敲する中で、自分棚卸しができて自信がつく
  • 新しい職場で新しいキャリアを積むことで市場価値が高まる
  • 転職を自分のキャリアを創り上げるために有効活用している

 

こうして自分の低評価をリセットして、新たに得た評価を上昇スライドさせるのです!

 

me

僕の友人の中には、
・大手銀行に就職
・その後IT企業に転職
・さらに、コンピュータ系メーカーに転職

 

数年単位で転職して、今や肩書はマネージャで年収も千数百万という強者もいる。
そんな彼も最初の転職の動機は、「評価に納得できない」からだった。

 

そこで、僕も決心して、転職を考えてみることにしたわけです。

 

あなたが3年程度こんな状態なら、評価は今後も下がることはあっても上がることは期待できない、、、

 

総合職でも専門職でも、ある程度期待される人物は、3年程度で異動があって、いろいろな経験を積まされることになります。
「会社の存続、発展のために、どんな事態、状況下でも一定の成果をあげられる人物」にするためです。

 

ですから、3年も自己評価と会社評価に大きな差があるなら、かなり深刻だと考えるべきです。

 

これは、ほぼ間違いのない事実です。
なぜなら、僕は元人事担当で、内部事情をそれなりに知っているからです。

 

例えば、

  • 失注や大きなミスなどをした場合、とばっちりを受けたところの幹部がいつまでも根に持っている
  • 異動に不満を漏らしたりすると、人事から落胤を押される
  • 評価にあまりにも不満を言い過ぎて反感を買っている

 

こうした、人間的な事情が大きく評価に影響していることが否定できないのです。

 

そして、その原因が晴れて不問にされない限り、絶対に良い評価を取ることはないのです。
しかも、いつ無罪放免になるかは、全くわからない

 

さらには、もっと悪い状況として、

  • 彼はC標準で固定、将来は良くて主任止まり。そのときに整理予定部門に異動。その後は無しのリストラ要員。

理由は様々ですが、入社時評価でどこまで行かせるかの予定計画が既にある。
その後の仕事ぶりで、それがさらに補強される。
何か不都合があると、もはや確定となって、評価自体もまともにされない。

 

酷いことに、努力して良い成果を上げても、それは計画上不都合なので、理由をつけて評価を上げないでおく。

 

使い捨て社員。
歴然とした事実として存在します。
僕がそうだったからです!

 

こんな風に、評価が固定されてしまっていることもあります。

 

そんな会社で腐ってモヤモヤしながら仕事をするのは人生の無駄では?

 

もし、評価がとても不満で、長く続いているようなら、一度、「転職サイト(転職エージェント)」を覗いて見ることをおすすめします。

 

登録無料でスマホからでもOK。
登録したら後はオファーを待つだけ。

 

僕自身もやってみて、あまりに簡単なので驚きでした。

 

登録するデメリットはまったくありません。
登録したからといって、会社にバレるわけでもありませんし。

 

反対に、登録するだけで大きなメリットがあります。

  • 自分の仕事でのキャリアを伝えて企業に評価してもらえる
  • 自分の希望の条件で探すことができる
  • 自分が魅力を感じて取り組んでみたいと思う仕事を探せる
  • 非公開の厚遇な求人を教えてもらえる
  • あなたを欲しいという会社なので、今の会社での評価をリセットできる

 

こうした得難いメリットがあります。

 

もし、今の会社での評価、人事処遇などに不満があるのなら、一度「転職サイト(転職エージェント)」を覗いてみてください。

 

 

 

\生涯のキャリアパートナー/

3000人のコンサルタントがあなたを支援

 

 

成功を確実にするために注意すべきことがあるので聞いてください!

転職サイトには、驚くほどたくさんの求人情報があります。
その中には、ネームバリューが高い有名企業もたくさん。

 

ちょっとヤル気が出ます。

 

でも、ここで注意しておきたいのは、動機についてです。

 

あなたの転職動機が「本当は評価に不満があった」としても、それを表には出さないということです。


 

これは、もう処世術というべきでしょうか!
わざわざ損する必要がないということです。

 

また、当然、「評価に不満が無いのですから、今の会社の悪口も言わない」ということです。

 

これがどの程度転職に影響するかは、求人元企業の考え方や社風などにもよります。
それでも、一般的に「後ろ向き」と解されそうな事由は隠しておく方が賢いということ。

 

それよりも、もっと前向きな事由を考えて置き換えることがおすすめです。

 

例えば、

  • 評価が低かったなら、「自分の価値観がより近い会社でますます力を発揮したい」とか。
  • 賞与に不満があったのなら、「改善に対する評価がより高い、実績評価型の社風が魅力です」とか。

 

考えてみれば、「不満の反対が求めているもの、理想や希望」ですから、まさに表裏一体。
そっちを表にするのです。

 

自分の気持ちの「裏返し」をいろいろ考えてみることもぜひおすすめです。
転職成功組は、こうしたことを「抜かりなく、怠りなく」やっているのです。

 

新しい会社にまで不満を持ち越さないようにしたいものです。

 

me

ただし、気になる会社の「評価制度」はしっかりと確認しておくことが肝心です。

  • 評価制度が明文化されているか
  • 制度が評価時に機能しているか
  • システマチックで公平性が担保されているか

こうしたポイントは、キャリアマネージャなどを通して、可能な限り具体的に事前に確認しておくことをおすすめします。

 

評価に不満があっても、いざ転職に踏み出すとなると、不安がある、自信が無い、、、

良く聞く言葉として、「日本ではまだまだ転職は少数なので、将来不利になるのでは?」
そうした声です。

 

  • 転職市場での自分の価値がわからないので積極的になれない
  • 自分のキャリアを活かせるような求人はあるだろうか?
  • 面接で自分のことをうまくアピールできるか不安
  • 年収がアップしても仕事の難易度が上がることもありそうだ
  • 転職先の環境や慣習に馴染めないかもしれない
  • 転職すると退職金が減るって聞いた

 

とかく不安が先に立つと、いろいろ自分の中で言い訳を考えがちになるものです。
いざというとき、そうした不安が残っていると、面接で失敗したりします。

 

自分の不安や疑問を洗い出すことも、リスクヘッジにつながるので重要な作業です。

 

その上で、展望を持つことです。

  • スキルや自分の価値を調べられるサイトもあるので利用する
  • 現職でのキャリアとのマッチングに狙いを定める
  • 転職サイトでは企業の深い情報も持っているので、採用されるようにフォローを依頼する
  • ステップアップするには経験してスキルを磨くしかないと決断する
  • 人生は自分磨き=どんな環境でも一定の成果を出せる恐いものなしに成る

 

不安のほとんどは、「証拠の無いただの感情的ゆらぎ」であることが多いです。

 

人間の持つ、ホメオスタシス(現状維持、生き残り機能)でブレーキがかかる。
ほとんどの人は、このブレーキが原因で自分を超えられないまま人生を生きています。

 

転職サイトや転職エージェントはマッチングのプロです。
あなたのそうした不安や疑問は、最初から承知の上です。

 

しっかりと相談しておくことで十分解決、対応できることばかりです。

 

me

退職金は、著名なメディアや転職サイトでも減ると書かれていることがあります。
でもそれも可能性としての話しです。

 

例えば、先に書いた僕の友人は大手銀行を退職して、ソフトウェアを作るIT企業に転職しました。
そこでは、

  1. 401Kがしっかりと制度化されていた
  2. 退職積立金も評価で収入が上がればその分増える

結局、大手で低評価で埋もれているよりも「自分の結果、成果」として、前向きにとらえられるようです!

 

さらに、終身雇用制度の上に乗っかっていた退職金制度も、働き方が激変している現代では、暫時縮小、廃止されていくとの見方が大勢を占めます。

 

やっぱり、自分の価値を上げる方が良さそうです。

 

自分を最大限に活かすことは、成功するための唯一の方法

自分の価値を信じて、磨いて、さらに向上させることだけが成功の秘訣です。

 

自分の評価に満足できないことがずっと続いているなら、すぐに、転職サイトや転職エージェントを覗いて見ることをおすすめします。

 

  • 転職後、早い時期に評価が上がる可能性がある
  • 新しいことを始めるため、視野が広がる
  • 本当に自分がやりたかった仕事ができる
  • 仕事にやりがいを感じることができる
  • 新しい経験を積んで、スキルアップすることができる

 

自分の価値を高めるステップを踏むことが、評価を高めるための最良の手段です。

 

解決できないまま鬱屈して過ごしても、時間は同じように過ぎていく。

 

「天才は、手に入るものなら手当たり次第に何でも手に入れる」そうした人間だ。
(ホフマン)

 

me

僕は、小さなIT企業でリモートワークの業務評価を整える仕事をしています。
「前の会社で評価システムを改善した」実績が評価されたのです。

 

働き方が変わってきた今、リモートワークでの業績評価や評価システムに悩む企業が多くなっています。
自社だけでなく、将来の販売を狙ったチームで思う存分やれています。

 

基本給は低くなったものの、実績で評価する指標に自分がぴったりマッチ。
評価が僕にも良く見える仕組みが気に入っています。
賞与も満足いく額をもらっています。

 

そして、凡太は、そのプロジェクトで「主任」というポジションで働いています!
当然、日々ヤル気満々です。

 

 

 

\生涯のキャリアパートナー/

3000人のコンサルタントがあなたを支援